丈夫で破れない靴下が人気/2020年靴下トレンド

2020年春夏展で丈夫な靴下を提案する動きが加速している。福助(東京本社)はこの秋冬から新登場している福助史上最強の靴下・ストッキング「タフレッグ」の新商品を販売する。このブランドは耐久性、耐水性に優れ摩耗、擦リ切れに強いインビスタ社の「CORDURA」(コーデュロ)素材が使われている。タイツには毛玉のできにくさ、ストッキングは破れにくさ200%を実現した。
このシリーズの来春夏物はストッキングのラインナップを拡充する。レギュラータイプと着圧タイプに加え、気になるムレを軽減するパンティ部メッシュ編みを加える。その生地にはUV加工やダブルクール加工(キシリトール+メンソール)といった夏に適した機能を加える。
他にアウトドアシーンに適したレギンスやカバーソックスなども展開する。パンティストッキングは税別600円~800円。ショートストッキング同400円、レギンス同600円~900円、カバーソックス同400円。来年2月発売予定。
岡本の9月展では、丈夫で機能性の高い紳士靴下をデイリーで使える新ブランド「WORKMAX」(ワークマックス)が新登場した。これは、建設業界やワークウエアを着用する市場が活性化していることを踏まえ、それに対応して低価格で機能性が高く、破れにくい、蒸れにくい、ニオイがしない強度のある紳士靴下を提案するもの。
紳士靴下は2つのタイプで各3種類のアイテムがある。商品特徴は岡本独自に開発した糸「TAOMAX」(タオマックス)で同社の既存商品と比べて10倍破れにくく丈夫という試験結果が出ている。高耐久設計・10倍破れにくいタイプは①平編み靴下(12㎝丈、18㎝丈、クルー丈)、②足底パイル靴下(同丈)、③5本指靴下(12㎝丈とクルー丈のみ)の3種類。サイズは2サイズで税別780円。もう一つのタイプは、このタイプに制菌、消臭加工を加えたタイプで同じく3種類、2サイズ展開で、価格は同980円~1280円となる。
また、助野は展示会で丈夫で強度をアピールする紳士靴下を提案している。これは、前年からすでに展開しているもので、インビスタ社のコーデュロ素材を使い1足700円からのラインナップとなる。販路はホームセンターやドラッグから一般の中小量販店まで、幅広い販路からの要望が増えている。
これらは、建設作業や道路工事用の衣料品や用品を扱うワークマンの快進撃に影響されて、丈夫で長持ちする消費需要が増えていることに対応して製品化し販売するもの。
福助の「タフレッグ」などは秋物からストッキング、靴下で登場しているが、一部のネットショップなどで早くも売れ筋商品になっている。建築や道路関連の作業員需要もあるが、それ以上に、家庭の主婦に「丈夫で破れない」というコピーが長持ちする商品として人気が出ている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る