「楽天ファッション」実現に向け有識者会設立

楽天(東京都世田谷区本社)は10月1日からスタートしているファッションジャンルのEコーマス「楽天ファッション」実現に向けてファッション産業で活躍する方々を迎えた有識者会を設立したと発表した。
これは、10月15日に東京で開いた記者会見で明らかにしたもので、冒頭に挨拶した三木谷浩史社長がこの有識者会について説明した。この会はファッション領域における専門家の知見やアドバイスを取り入れ、サイトデザインやユーザーコミュニケーションの強化を図るために設置したもの。今後、意見交換を積極的に行いプラットフォーム運営に反映していきたいとしている。
有識者会のメンバーは3人。エグゼクティブファッションディレクターの中島敏子さん、アドバイザーの田中杏子さん、スタイリストの熊谷隆志さん。設立は11月1日。
現在スタートしている「楽天ファッション」は人気ブランド1100が参加する通販サイトで購入時には楽天スーパーポイントをためたり、楽天ペイで決算することができる。記者会見に参加したゲストの中島敏子さん、マッシュホールディングの近藤広幸社長、ジュンの佐々木進社長などからは「期待が高く責任が重い」、「ブランドが安心して伸ばしていけるようにしてもらいたい」、「大きなECデパートができることを期待している」などの発言があった。
楽天の三木谷浩史社長は「ファッションジャンルの流通総額は8000億円だが、その割には存在感が薄い。この楽天ファッションが新しいプラットホームになり、ECのみならずリアルにも送客できるようにし、海外展開の支援もしていきたい」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る