従業員の家族・パートナーを対象にしたファミリーイベント/「おこしやす福助」を開催

1882年(明治15年)に足袋装束店として創業した、レッグ・インナーウエアメーカー、福助株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:佐橋由文)は、当社従業員の家族やパートナーを対象としたファミリーイベント「おこしやす福助」を8月21日(水)に開催した。

「おこしやす福助」は、従業員の家族やパートナーに職場訪問していただき、当社の職場環境や業務内容について理解を深めていただくことを目的とし、今年で4回目となる。当日は、事前に申し込みした14家族36名を対象に、代表取締役社長の佐橋氏をはじめとした社員との名刺交換を体験したり、社内に隠された福助人形を探したりする社内見学ツアーを実施した他、福笑いやクイズ大会など、盛りだくさんの内容で「おこしやす福助」を楽しんだ。参加した社員からは、「他の働くママさんとも交流出来良い機会でした」、「仕事をしている親の姿を子供に見せられたことは、本当に貴重な時間でした」といった感想があり、同僚社員からは「普段と違う同僚の一面が見られたことが新鮮でした」といった感想がでた。

同社では、今後も「おこしやす福助」をはじめとし様々なイベントを通して、従業員のワークライフバランスの充実、また社員の働きやすい環境づくりやコミュニケーションの活性化を図っていく考え。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る