2019年秋冬のキャンペーンで世界的デザイナーを輩出する英セントラル・セント・マーティンズとコラボが実現

トリンプ・インターナショナル・ジャパン株式会社 (本社:東京都中央区築地5-6-4、代表取締役社長:ヴァンサン・ネリアス)は、「sloggi(スロギー)」から、ファッション感度の高い女性たちに向けたプレミアムレーベル「S by sloggi(エス バイ スロギー)」を展開している。2019年秋冬シーズンは、世界のトップクラスのファッションデザイン校である英セントラル・セント・マーティンズとのコラボレーションで、従来型のプレミアムランジェリーの慣習を覆すような、モードで洗練されたキャンペーンを展開する。 8月7日(水)伊勢丹新宿店の先行発売を皮切りに、 8月21日(水)全国発売となる新シリーズ「S by sloggi Substance(エス バイ スロギー サブスタンス)」をはじめ、最新コレクションのエッジィなビジュアルが新登場する。


ファッションコンシャスな女性たちに圧倒的な支持を集める「S by sloggi」からビッグニュース!数々の名デザイナーを輩出しているロンドンのファッションデザイン校、セントラル・セント・マーティンズとコラボレーションしたキャンペーンがお目見えします。 12組の学生が企画を出した中で、見事選出された2名のアイディアにより、このブランドがもつ独特のモードな世界観で、従来のプレミアムランジェリーの概念を再定義することを目指しました。本コンセプトは、カメラの前も後ろも隠すことなく、すべてを表として表現し、あえて生々しさを感じさせる構成でフィルターをかけないという、 SNSが普及している現代では珍しくなってきている手法を取り入れています。また、日本文化である俳句を沿え、クリエイティブに感受性を刺激する物語と深みを足しています。今後のファッション界を牽引する学生たちの新鮮で多様な感性とクリエイティビティが表現された内容に仕上がったキャンペーン内容は、 8月7日(水)を皮切りに、雑誌やデジタル広告のほか、 8月7日(水)から13日(火)まで新宿三丁目駅コンコースにて交通広告を展開。ぜひご注目ください!

【NEW】S by sloggi Substance
「S by sloggi」の信条は、常にシンプル。その中で追及するミニマルなデザインのディテールには美しさが宿ります。

新シリーズ「S by sloggi Substance」はマットなナイロンと肌側の肌ざわりの良いマイクロレーヨンの二重構造の素材が快適と洗練を実現。厚みのあるカップでふっくらとバストをプッシュアップし、美しいバストシルエットを実現する[HU]、深めのVカットが洗練された印象の[Bralette]、ノーパッドで抜け感のあるスタイリッシュな胸元を演出する[Shirt02]。そしてショーツはアシンメトリーなディティールが目を引く[Hipster]とセンシュアルな[Tanga]の全5型が登場します。

【NEWS!】
次世代のファッション界を担うフレッシュな才能をお見逃しなく!
英セントラル・セント・マーティンズとコラボしたキャンペーンビジュアルを交通広告・雑誌などで展開

ファッションとのコーディネートで見せる“エスバイ”な女性像、あるいは昨今のランウェイでも主流となっているメンズ&ウィメンズの垣根を超えたジェンダレスなムードなど。ファッションの最前線に触れることができる、英セントラル・セント・マーティンズの学生たちとのコラボレーションで生まれた2019秋冬のキャンペーンビジュアルとムービー。 8月7日(水)のキャンペーンローンチに合わせ、デジタル広告、交通広告、雑誌広告などで展開いたします。

■キャンペーン情報

日本で撮りおろしたS by sloggi 2019年秋冬カタログは店頭にて無料配布!
~1万円(税込)以上お買い上げで特製ミラーをプレゼント~

2019年秋冬カタログは、日本のトップクリエイターたちにより制作されました。さらに各店先着で、 S by sloggi商品を1万円(税込)以上お買い上げいただいたお客様にロゴ入り特製ミラーをプレゼントします。お早めに!
※プレゼントは無くなり次第終了します。

【S by Sloggi 販売店一覧】伊勢丹新宿店 / 大丸札幌店 / 日本橋高島屋/日本橋三越本店 /銀座三越 / 松屋銀座 / 玉川高島屋 / 西武池袋本店 / そごう横浜店 / 横浜高島屋 /そごう千葉店 / 柏タカシマヤ / ジェイアール名古屋タカシマヤ / 阪急うめだ本店 /阪神梅田本店 / 高島屋大阪 / あべのハルカス近鉄本店 / 大丸神戸店 / そごう広島店 / 岩田屋本店 / ELLE SHOP / スロギー公式オンラインストア(順不同)
※店舗により、販売アイテム・発売時期が異なる場合がございます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る