グンゼ博物苑で文化庁伝統文化親子教室「蚕都・綾部の今昔探訪」 7月20日に養蚕、8月24日に製糸体験 夏休みの自由研究にも

グンゼ株式会社(本社:大阪市北区、社長:廣地 厚)の創業の地、京都府綾部市にあるグンゼ博物苑で夏休みの子供向けイベント「蚕都・綾部の今昔探訪」を7月20日(土)、 8月24日(土)の2日間で開催する。

本イベントは文化庁の伝統文化親子教室事業、および京都府の「文化を未来に伝える次世代育み事業」の一環として実施するもので、子供たちに蚕や繭に触れてもらい、綾部が誇った養蚕、製糸業の歴史に親しんでもらうことを目的に同施設が企画した。全2回で、養蚕・製糸のどちらかだけでも受講できる。また、イベントに参加できなかった方も7月中に限り、ふ化した蚕のお持ち帰りが可能です。 8月半ばまでは施設内でも飼育するため、いつでも蚕の様子を観察することができる。夏休みの自由研究などにもご活用して欲しいとしている。

ふ化した蚕
ふ化した蚕

8月24日の「繭で人形を作ろう」(イメージ)

8月24日の「繭で人形を作ろう」(イメージ)

8月24日の「繭で人形を作ろう」(イメージ)

8月24日の「繭で人形を作ろう」(イメージ)

■日程と内容
【対  象】綾部市内に住む小学生とその親 20組 (要予約)
【体験料】無料
【予約申し込み】グンゼ博物苑 TEL:0773-42-3181 (月~金)

【第1回 養蚕体験】
7月20日(土) 9:30~12:00
紙芝居「波多野鶴吉物語」/グンゼ博物苑 見学/蚕の育て方/まぶし(蚕の飼育箱)を作ろう
【第2回 製糸体験】
8月24日(土) 9:30~12:30
生糸って何?/繭から糸を取ってみよう/繭で人形をつくろう

・必ず親子でご参加ください。

・全2回の教室ですが、養蚕・製糸どちらかだけでも受講していただけます。お申し込みの際に希望のコースをお伝えください。

【グンゼ博物苑】
所在地:〒623-0011 京都府綾部市青野町 「あやべグンゼスクエア」内
開館時間:10:00~16:00
休苑日:火曜日(祝日の場合は翌日) 年末年始
入苑料:無料

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る