創業300年の「中川政七商店」日本最大旗艦店/令和元年11月1日渋谷スクランブルスクエア11階

株式会社中川政七商店は、日本の工芸をベースにした“暮らしの道具”を展開する、中川政七商店の日本最大旗艦店「中川政七商店 渋谷店」を今秋開業の大規模複合施設「渋谷スクランブルスクエア」に、2019年11月1日(金)にオープンいたします。また本日よりティザーサイトを開設し、随時情報を発信していきます。

中川政七商店は、“日本の工芸を元気にする!”というビジョンのもと、現代の暮らしに寄り添うものづくりを続けてまいりました。しかしながら日本の工芸は、今やピーク時の1/5以下にまで減少し危機に瀕しています。その中で私たちにできることは長年作り伝え続けてきた日本の工芸を、もっと多くの方に知っていただくことと考えました。

「中川政七商店 渋谷店」は“日本の工芸の入り口”をコンセプトに掲げ、過去最大となる約130坪のスペースに、全国800を超えるメーカーとともに作り上げた約4,000点の商品が並びます。誰が、どうやって、どのように、どれほどの時間をかけて作っているか。そしてそれにはどのような歴史の積み重ねがあるのか、ものづくりの背景にある物語を見て・読んで・食べて・触って・感じていただける新しい試みの店舗です。
新作はもちろん定番商品もフルラインアップで展開。また店舗の中央に位置する「仝(おどう)」と名付けられた吊り天井の下には、全国各地から集められた“今”の工芸が揃います

創業の地である奈良の町並みをイメージした店内を巡りながら、人の手によって生み出される豊かな暮らしの道具にたくさん出会っていただけますように。みなさまのご来店をお待ちしております。

中川政七商店 渋谷店】
2019年11月1日(金)OPEN

〔住所〕東京都渋谷区2丁目24番12号 渋谷スクランブルスクエア ショップ&レストラン11階
〔営業時間〕10:00-21:00 〔定休日〕館に準ずる
〔面積〕約130坪(約430㎡)
〔店舗デザイン〕佛願 忠洋(ABOUT)

日本最大級の約130坪の渋谷店では、「五感で工芸を楽しむ」「全国で作られた約4,000点の商品」「奈良をイメージした店舗デザイン」の大きく3つの要素によって、渋谷のど真ん中で圧倒的な工芸体験をお届けします。
1.五感で工芸を楽しむ
視て、聴き、嗅ぎ、味わい、触れる。様々な切り口を通じて、日本の工芸を余すことなく楽しんでいただけます。
【工芸を知る】
オープニングを飾る企画展では、構想段階のデザイナースケッチから試作品、産地での製造風景まで、商品が生まれるプロセスを一挙に展示。さらに工芸知識を持ち帰れるタブロイドや書籍を通じ、様々な角度から工芸を知る体験をお届けします。
ものづくりの背景を知り、作り手に想いを馳せることで、きっとこれまで何気なく目にしていたものに親しみや愛着が生まれるはずです。
【工芸を試す】
包丁などの台所道具や食品、コスメ、植物のお手入れなど、店内に並ぶアイテムの多くをお試しいただけます。
塩をさらさらに保つ「塩壷」や液だれしない「醤油差し」、溝がないのによく擦れる「すりバチ」など、人が使いやすいように形を変えてきた暮らしの道具だからこそ、実際に使うことで良さを実感し、納得してお選びいただけます。
【工芸をあつらえる】
中川政七商店では初めてのおあつらえカウンターを設置。生地24m分を織り上げるのに1か月以上かかる希少な「手績(う)み手織りの麻生地」から、世界に一つだけのタペストリーや座布団などをオーダーいただけます。
自分のためだけにあつらえた一点ものを通じて、手仕事によって生まれる工芸の美しさを感じていただけます。
【工芸の“今”に出会う】
店内の中央スペースを「仝(おどう)」と名付け、method 山田遊氏のバイイングのもと、全国各地から、工芸の“今”を代表する品々を取り揃えます。
「仝(どう)」という字は“繰り返し”を意味します。過去数百年、数千年と名もなき人々が作ってきた工芸の歴史の続きにありながら、同時にアップデートを繰り返す。そんな“今”の工芸に出会える空間です。
2.全国で作られた約4,000点の手仕事が並ぶ
渋谷店は、日本で唯一4,000点を超える中川政七商店の商品がフルラインアップで揃います。気持ちいいほどよく吸ってすぐ乾くふきんや、一つひとつ丹念に塗り重ねられた漆の器、季節の移ろいを感じる色彩豊かなお飾りの数々。日本各地の産地で育まれた様々な暮らしの道具との出会いを、余すことなくお楽しみください。
3.奈良をイメージした店内で、工芸の世界に迷い込む
あえてクランクを作り、角を曲がると違う景色が広がる空間デザインは、創業の地、奈良の町並みをイメージしたものです。
入口中央の広い通路はお寺に続く参道を連想させ、その先にはお堂を模した銅板の吊り天井が現れます。古くからの建物が立ち並ぶ「ならまち」の散策を楽しむように、探す楽しさや出会いを体験してください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る