洋服の青山/クールビズ向け「ニットシューズ」、前年比5倍に増量 ~「FUN+WALK」の広がりに対応、仕様を改良して全店発売~

青山商事株式会社(本社:広島県福山市/代表取締役社長:青山理(おさむ))は「ニットシューズ」の展開数量を昨年の3,000足と比べて5倍となる15,000足に増量し、6月7日(金)から全国の「洋服の青山」およびオンラインストアで販売する。        同社ではクールビズ向けのシューズとして「ニットシューズ」を2018年の夏から販売している。この商品は高い伸縮性と通気性が特徴で、都心で働くビジネスマンを中心に大きな反響を呼ぶ。こういった反響に加えて、スポーツ庁が推奨する「FUN+WALK PROJECT」の広がりにも対応するため、商品の展開店舗を昨年の150店から今年は全店に拡大し、販売を強化する。

今回発売する「ニットシューズ」には、アッパー(表面)とライニング(裏面)で網目の大きさが異なる「ダブルフェイス編み」を採用している。アッパーは網目を小さくし、落ち着いた印象に仕上げる一方で、ライニングは網目を大きくすることで通気性を向上させた。靴底には高い弾力性をもつ合成樹脂素材「EVA」を使用ており、軽快な履き心地を体感できる。

また、このシューズはインソール、靴底、靴ひもに至るまで厳選した軽量素材を使用しており、Mサイズで180g(片足)という軽さも特徴の一つ。これは一般的な革靴の半分以下(当社比)の軽さとなります。カラーはブラック、ネイビー、ホワイトの3種類を用意し、デザインは丸みのあるシルエットで、クールビズ期のビジカジスタイルにも取り入れやすい商品企画となっている。

【商品概要】
ブランド イマジナチオーネ
素材 ポリエステル(アッパー/ライニング)
カラー ブラック、ホワイト、ネイビー(左画像)
サイズ M、L、LL
販売価格 4,900円(税別)
販売数量 計15,000足
販売店舗 洋服の青山 全店
洋服の青山オンラインストア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る