日本編物・足がサラサラ!新感覚!? 履いた方が気持ちいい男の夏用靴下

靴下の街「加古川市」にて70年以上の歴史を誇る老舗メーカー日本編物株式会社、通称ニチアミ(本社:兵庫県加古川市、代表取締役 柿坪正宏、以下ニチアミ)が、新製品「ニチアミ 男の夏用靴下」をクラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」にて2019年5月15日(水)より先行販売を開始した。

  • プロジェクトの商品

 

暑い季節にオススメする「ニチアミ 男の夏用靴下」です。
通勤や冠婚葬祭に便利な25cm丈のリブソックスとカジュアルなカバーソックスの2タイプです。

 

 

梅雨時期や夏場は特に、暑いしムレるし臭くなるから、靴下なんて履きたくない!
そんな経験をしている方は多いのではないでしょうか?
そんな「いつもの靴下」から卒業して快適な足になる「ニチアミ 男の夏用靴下」をオススメします。

  • 素材のこだわり

 

天然繊維「綿」
綿は吸水性が良く、熱や水分を吸収する性質があります。
長い繊維だけで出来た細い綿糸を使用しているので、毛羽が少なく
肌触りが良いです。

通気性もよく肌に優しい天然素材で、柔らかな履き心地です。

オリジナルの糸「サラスパン(R)」
日本編物株式会社のオリジナルの糸「サラスパン(R)」は、毛細管現象を
起こしやすい加工を施し、足裏の余分な汗をストロー効果で強力に吸い上げます。
靴下が汗を吸い上げる ことにより、足裏の肌水分率を下げ、足のサラサラ感が持続します。
革靴やスニーカーで 1日履いた後に靴下 をご確認ください。
「こんなに汗をかいているのか」と実感 していただけるはずです。

 

  • 設計のこだわり

 

「ホールガーメント(R)」(島精機製作所)という特殊な製法で編み立てました。
ミシンの縫い目が一切なく、足の形に合わせて立体的に設計された靴下です。
編立時間はカバーソックス1足あたりのなんと約20分!リブソックスなら約40分かかります。
(一般的な靴下編み機の約5倍)
縫い目がなく、足の形に合わせた立体設計なのでずれにくいのにきつすぎません。
靴下によるストレスを最小限に抑えました。

 

 

 

  • 製品のご案内

リブソックス
希望小売価格
1,728円(税込)
サイズ
M: 25 ~ 26cm  L: 27  ~ 28cm
組成 (表糸は綿100%)
綿・ポリエステル・ナイロン・ポリウレタン

カバーソックス
希望小売価格
1,512円(税込)
サイズ
M: 25 ~ 26cm  L: 27  ~ 28cm
組成 (表糸は綿100%)
綿・ポリエステル・ナイロン・ポリウレタン

  • Makuake限定プランで提供

今回Makuakeでは最大30%OFFの限定プランをご用意しています。

■【限定先着30名様】早割り リブソックス5足 ー30%OFF ¥6,912
■【限定先着30名様】早割り カバーソックス5足 ー30%OFF ¥5,477
■【限定先着30名様】早割り リブソックス2足 ー15%OFF ¥3,122
■【限定先着30名様】早割り   カバーソックス2足 ー15%OFF ¥2,755
■【セット割】リブソックス5足 ー15%OFF ¥8,208
■【セット割】カバーソックス5足 ー15%OFF ¥6,611
■【セット割】リブソックス2足 ー5%OFF ¥3,468
■【セット割】カバーソックス2足 ー5%OFF ¥3,057
■ リブソックス1足  ¥1,912
■ カバーソックス1足 ¥1,697
(送料を含みます)

Makuakeにて2019年5月15日~2019年7月15日18:00までのプロジェクトになります。
https://www.makuake.com/project/nichiami2/

  • 当社について

日本編物株式会社(通称:ニチアミ)   http://nichiami.co.jp

兵庫県加古川の靴下メーカーです。

たくさん持っている靴下の中でも、繰り返しよく履いている靴下が
誰にでもあるはず。それは無意識のうちに選んでいることが
多いと思います。きっと履き心地が良かったからです。

弊社の企画は、その無意識に選ばれる、繰り返し履きたくなる靴下を
意識的に作ることを心がけています。
靴下に感じていたストレス(ズリ落ち、ピリング、ムレ、破れ、臭いゴムの締め付け)を解消できるような商品を、素材、機能、編立設計にこだわってご提案をしています。

 

繊維の特性を活かした素材を作り、履き心地の良い靴下の追求をしています。
試作品段階から何度もモニタリングをし、改良を重ねていくことでより完成度の高い商品を作ります。
いい商品の発想ができても、それを実現するための手段や方法がなければカタチになりません。

カタチにしていくためには様々な分野のご協力が必要になります。
素材開発や編立技術など、各分野の協力体制があることも弊社の強みだと考えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る