カジュアルラインブランド「FUKUSUKE FUN」でプラスチックの削減に取り組む/下着靴下業界初

福助(東京本社)はCSR活動の一環として環境省が主催するプラスティック・スマートキャンペーンに下着靴下業界では初めて参加する。2019年秋冬から靴下ブランド「FUKUSUKE FUN」の靴下アイテム資材でプラスティックの削減に取り組む。
このプラスティックスマートキャンペーンはプラスティックと賢く付き合う人間活動の持続的発展や海の豊かさの保全・次世代の継承を目的として持続可能な社会の実現を目指すもの。同社では、その考え方に賛同し環境に配慮した取り組みとして3つの施策を行う。①100%紙フックにシフトする。これは、陳列のさいに用いるプラスティックのフックを紙フックに変更するもの。②植物性インクにシフトする。パッケージの印字を動物性インクから植物性インクに変更する。③プラスティックピンから糸止めにする。パッケージと商品の留め具をプラスティックから糸に変更する。                          同社では、今後もこのようなCSR活動を通して持続可能な未来社会に貢献し、企業理念である「心とカラダに『福』を。」を実現していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る