ユニクロウイメンズインナー2019/ビューティライトブラにカップ仕様を変え、サイズ集約/ブラカップにVネック追加

ユニクロの2019年春夏の新商品が次々とデビューしてきた。前シーズン(2018年秋冬)の国内商戦では9月から11月までの気温の高さで「ヒートテック」中心に防寒インナーが苦戦し12月以降の寒波で売れ行きが改善したものの、シーズン全体を通して厳しい商戦となった。だが、その中でユニクロの超極暖インナーと秋冬のレギンスは前年を上回る実績を残した。その理由は超極暖の発売が前年2017年12月からの発売だったことで、それに比べると2018年秋冬は9月から発売し販売期間が長かったことによるもの。また、レギンスはクシュクシュタイプやスリット入りなどのトレンドが続いており、ピーク時に比べると、その勢いは鈍化したものの、まだ売れゆきが良い。

そんな前シーズンを終えて、今シーズンは改めて人気のブラジャー「ワイヤレスブラビューティライト」や「エアリズムブラトップ」、「サラファイン」などをリニューアルしユニクロウイメンズインナー事業の活性化を狙っている。1月14日からは、リニューアルしたワイヤレスブラビューティライトの販売を開始した(2月1日号既報)。今回のリニューアルはカップを新構造に変えたことで、カップが身体の動きに合わせて自在に動き、ブラ着用時に起こるズレや違和感を軽減させる。放射線状に切り込みが入った特殊フォームによりカップが身体に合わせて動きフィット感を向上させた。
また、カップ下辺部には樹脂パーツを内蔵して補正力を加え、きれいなバストラインを整えた。さらに、昨年との違いはサイズ表記を根本的に変えたこと。昨年は8サイズ展開だが、今年は6サイズに集約した。カップ中心にブラジャー機能の改善を図ったことで、それがサイズにも反映した結果だ。
このシリーズからは新しくコットンブラが登場した。同じカップ仕様のシームレスブラジャーで裏側の肌にあたる部分まで綿生地にしたことで肌触りを良くした。これも消費者ニーズを取り上げたもので、化学繊維に対するアンチ需要を取り込み商品化したもの。
また、新構造カップでビューティリラックスも同じカップに変更し着用感を改善している。昨年のワイヤレスブラのシリーズは①ワイヤレスブラビューティライト、②ワイヤレスブラビューティソフト、③ワイヤレスブラリラックスの3タイプで構成していたが、すでにワイヤレスビューティソフトは2018年春夏で生産を終了した。これは、シームレスで生地をボンディングした柔らかいワイヤレスビューティリラックスが2018年春から登場したことで、それと機能や着用感が被るビューティソフトのニーズが減少したことによるもの。
ビューティライトブラに続く春夏ウイメンズインナーのリニューアルアイテムは「エアリズムブラトップ」にVネックを追加したこと。1月28日からオンラインで先行発売し、2月11日からは全国の店舗で販売開始した。これは、グループのGUなどで人気のアイテムとなっており、ユニクロにも消費者からの問い合わせが多く寄せられていたもので商品化した。
Vネックの新ブラトップは肌触りが滑らかなエアリズム素材を使い、ブラカップは内蔵し一体化させた。カップ脇下両サイドにはボーンが内蔵され脇を締めるサポート力を加え、裾は切りっぱなし仕様となっている。従来品よりもバストのメリハリ感が出ており、Vネックのフロント部分とバストシルエットの凹凸感で美しさを追求したデザインとなっている。このVネックは無地(6色展開)とヘザーの2品番で、サイズはXSから3XLまで7サイズ展開で1990円+税となる。これまでユニクロにはブラトップはあったが、女性に人気のVネックタイプがなかっただけに、これによる品揃えの充実を図りたい考え。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る