リサマリ2月展/幾何柄とラメでマットなカラー・・・ケーズウエイ

ケーズウエイ(大阪府吹田市本社)のランジェリーブランド「リサマリ」2月展が開催され、7月納期~11月までの27品番が展示された。価格帯は毎シーズン少しずつ上がってきたが、今回はブラジャーの中心価格だった2500円(税別)が5品番に減り、他は同2700円からとなる。また、「レーヌ」はブラジャー3200円からと3500円(同)からで、全体に上がる傾向だ。それに合わせるかのように、これまであまり使っていなかった刺繍エンブレースを多く使うようになった。
商品は、これまでの花柄だけでなく大人っぽい幾何柄とラメのデザインをマットなカラーで構成するものが出てきた。また、一時期増えたノンワイヤー品番は減るがおやすみブラが安定して売れている。
また、この展示会では従来3グループしかなかったルームウエアを6グループに増やしている。薄い生地感から厚手のニットまでカジュアルで値頃な価格からフェミニンなものまで拡げている。3月には大阪天王寺の駅ビルミオと神奈川県平塚市の駅ビルラスカに新規出店する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る