パリレポート第3弾/トレンドフォーラム 2019年1月20日

♦この資料は1月20日行われた見本市会場トレンドフォーラムで説明したコンセプトパリ・ミカエル氏のレジュメを翻訳したものです。

2020年 春夏の傾向分析

従来と異なり、今回は13のテーブルでそれぞれの傾向を展示。そのうち5つはカラーガムに合わせたもの、8つはテーマごとにまとめたものとなった。

フォーラムの中心にランジェリー業界に新しい息吹を吹き込む 『Change Maker』として、無名のデザイナー、フリーランスのデザイナーなど、20人の若きデザイナーを作品とともに展示。 クリエイティヴなデザイナーが業界に革命を起こす。全般的に元気のないランジェリー業界に『新しい波を!』というのが今回のメッセージである。

 

5つのカラーガム

  1. Wartery : 水、海をイメージした色。軽量。プリーツやレザー調のものなど、表面効果を加えることにより深みが増す。ランジェリーには使われない素材、プレタの素材も利用。この傾向は全般的にも言える。
  2. Earthy :  アースカラー。黄土色、土色はこれまでにもあったが、これまでのロマンチックな感じではなく、アーティスティック、手仕事といった、フォークロア(民俗)なイメージである。中でも注目すべきはXIN FEI LIN TEXTILE 。20代前半の若いスタッフによる極めてクリエイティヴな集団。
  3. Sport chic : ユニセックスな色。トラッドなストライプやチェックで洗練された感じを出す。またタグやパッケージもこれからは重要なコミュニケーションの手段である。そのような細かい部分にも気を配る必要性がある。
  4. Detox : 黄色、緑はこれまで、ランジェリーでは使いにくい色と敬遠されてきた。しかしながら、深い緑は高級感、明るい黄色は若々しい感じを演出できる。これだけの素材が揃えば、十分ランジェリーにも使える色。
  5. Looking Good : 今回はピンク、赤を使って、マニッシュな感じを出したかった。ところが、実際に出展社から提出された素材をまとめると、これまでと変わらない、フェミニンな展示になってしまった。これについては次回の課題にしたい。

 

以下は テーマごとのテーブル。数が多いため、あまり重要でないテーマは説明が省かれた。

  1. Happy Pleasure : 若者を意識した最近のシャネル、ディオールの影響が見られる。素材をミックスして新しいものを提案する仕方も最近のディオールの傾向。
  2. Surface Effects :
  3. Global Rhythms : ストリートウェアの影響の強いテーブル。アスレジャーに活かしやすい。ORIENTAL EMBROIDERIESの製品に見られるように「いかにボディを装飾していくか」が重要なコンセプト。
  4. Shaping : シェープウェア用の素材には目新しいものはない。ただし、その中でもNOYONのスポーツブラ、GEMMAの花柄のトップは新しい試み。スポーツに定番の幾何学模様ではなく、花柄を取り入れるのが新鮮。
  5. Save The Animals :ありがちなヒョウ柄ではなく、シマウマ柄から蜂、さらにはオーガニックなモチーフまで自然からインスピレーションを得た様々なものが揃う。キラキラしたものなど、表面効果を生かしたセクシーなランジェリーが作れる。
  6. Taking Care of Nature : 持続可能、エコロジーは以前から継続のテーマだが、それがさらに進化している。成分の改良が進んでいる。マーケティング効果を狙ったものから、より本格的なものが開発されている。100%リサイクルで作られたレース(イルーナ)など。エルメスのスカーフを利用したバッグはアップサイクリング(リサイクル、単なる素材の原料化、その再利用ではなく、元の製品よりも次元・価値の高いモノを生み出すこと)の一例。2004年に販売されたこのバッグを見れば、アップサイクリングのコンセプトはすでに以前から提唱されていたことがわかる。
  7. Generous Blooms : ランジェリーには欠かせないモチーフの花柄も、色や柄の大きさを変えることによって、ありきたりでないモダンな感じを作ることが可能。ビロード、レース、刺繍、様々な素材を使い、ヴィジュアル効果を最大限に利用する。青に注目。
  8. Rustinc Retro : クラシックなレトロ調。懐かしさと深みがある。注目すべき素材は生成り色のレース(POTENCIEL )と美しい刺繍 (HAVANAS)

 

*コンセプトパリは世界的に有名なランジェリー 、スイムウェア、ラウンジウェアのトレンドカンパニー。年2回発行のトレンドブックの編集のみならず、素材から製品まで広い範囲に渡っている。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る