グンゼ 新梁瀬縫製工場竣工   前工場の2倍の縫製能力

グンゼ(大阪市本社)の梁瀬工場に新縫製工場が竣工した。同社はアパレルカンパニーインナーウエア事業本部・梁瀬工場に新縫製工場の建設を進めてきたが7月25日に完成し竣工式を行った。この工場は昨年3月26日の火災により縫製工場建屋が全焼したことで、新しく立て直しを進めていた。
この梁瀬新縫製工場は「キレイラボ」を初めとするレディスインナーを生産する最新設備を有する縫製工場で、全焼した前工場の2倍の縫製能力がある。工場は兵庫県朝来市山東町楽音寺186、敷地面積7万7036㎡、工場敷地面積は2484㎡。

004_1141 縫製工場-1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る