パリレポート第二弾/ギャラリーラファイエットオスマン店本館4階 視察 2018年1月22日

※現地で説明するラファイエットのオードレさん。

この本館は2013年に大改装。レッグを含む売り場面積3500M2はパリ第一位の広さを誇る。60のブランドを販売。改装にあたっては、モードのデザイナーであるステラ カデントが設計を考案した。天井やハンガリーの床板もパリのオスマニアン式アパルトマンをヒントに、デザインされた。買い物客がアパルトマンにいるように、くつろいで買い物ができるように工夫がされている。「ランジェリーは女性にとって、欠かせない、アクセサリーである。モードと融合している。」という考えから、マネキンにランジェリーだけでなく、洋服も着せて売り場に配置。サマーシーズンにはレッグ売り場の大半が水着の売り場になる。セール期間が終わると、セール用のワゴンは売り場から片付けられ、代わりに季節にあった装飾が施される

1) アンテンポレル。常に変わらないブランド。

Aubade、Chantelle、Lise Charmelle, Chantal Thomass, Simone Perele     など (85A-100F ブラ+ショーツ セット価格 120€-300€)

 

2)  リュックス。高級ブランド。

Agent Provocateur 、Paladini、La Perla, ERES, Maison Lejabyなど       (85A-100Bブラ+ショーツ セット価格 280€-6000€)

 

3)  モード

Lou, Passionata, Huit, Implicite, Cosabella など

(85B-105F)

 

4) トレンディ 若者向けブランド

CK, Princesse tam.tam, OYSHO, Armani, ギャラリーラファイエットオリ    ジナルブランドなど。

(85A-95Dブラ+ショーツ セット価格 50€-120€)

 

この他にも

  • テクニック 技術的に優れたブランド、サポート効果が高く、バストの大きい人にも適した製品が揃う。 Empreinte、 Spanxなど
  • ナイティー HANRO 、 Laurence Tavernier、Le chat,

売り場での人気ブランド

  1. Aubade : 変わらぬ人気。レースの使ったデザインがとりわけ美しい。
  2. Princesse tam.tam : ホームウェア、水着も揃えるところが人気の秘訣。
  3. Simone Perele : 老舗の仏ブランド。蓄積されたノウハウを生かした製品。
  4. Lise Charmelle :赤と黒を使ったセクシーなものから、ガーリーなものまで。スワロフスキーを使った製品。6月から9月にかけてはウェディング用の製品を売り場に揃える。
  5. Chantelle : 技術の優れたフレンチブランド。

 

人気ブランドのランキングは『アンテンポレル』に属するブランドが占める。Princesse tam.tamは『アンテンポレル』と『トレンディ』の両方に属するとも見られる。

 

  • Pain de sucre、 SEA FOLLYは通年水着を売り場に置いている。
  • Empreinte カップの大きなブラを得意とする。カップのサイズはHまで。ギャラリーラファイエットの売り場は「アトリエ」と呼ばれるように、自分の好みでイニシャルや日付刺繍やリボンなどをその場でつけることができる。売り場では製品の露出を控え、訪れる人に合わせたサイズの製品を棚から出して接客。
  • Freya フランスでは近年、華奢な体型でもバストの大きい若い女性が増えた。そのような若い女性に合わせて、カラフルで若々しい色合いを展開。
  • ギャラリーラファイエットでは昨年より「Go For Good」と称して環境持続可能性、エコロジーに関連した取り組みを実現している。売り場にも対象製品(環境に優しい製品)がわかるように表示がされている。買い物客からは「分かりやすい」「買いやすい」と好評である。
  • 一時期のシェイプウェアブームは落ち着き、つけ心地の良い体を締め付けない下着が増えている一方で、シェイプウエアが得意なブランド(ワコールなど)に対して、機能性に加えて、より美しさも求める傾向が出てきている。
  • ランジェリー売り場は百貨店全体の売り上げの20%を占める。ちなみにコスメは40%。
  • ランジェリー売り場の売り上げに限ると、ランジェリーが売り場全体の80%、レッグが10%。夏場はランジェリーが60%、水着が30%を占める。

説明者:ランジェリー売り場担当者 オードレーさん

※このレポートはアークスリーインターナショナル主催のパリツアーの中で行われた現地セミナーを翻訳したものです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る