チュチュアンナ・産学連携プロジェクトを推進

株式会社チュチュアンナ(大阪市中央区本社、上田利昭社長)は、明治大学・法政大学、シンガポール国立大学・明治大学などと2018 年度産学連携プロジェクトを実施した。専門知識を持つ大学などの教育機関と民間企業が連携することで、新事業創出や事業の改良改善につなげていくことを目的に、昨年から産学連携プロジェクトを実施している。                                                       2018年度は、明治大学商学部菊池一夫教授指導のもと明治大学商学部と法政大学キャリアデザイン学部でマーケティングを学ぶ学生34 名に、3 ヶ月半かけて研究を進めた。また、明治大学商学部では、同社の上田利昭社長が「商業経営論」の授業でゲストスピーカーとして講義を行った。今年度は新たに法政大学も加わり、5 チームに分かれて共通テーマに関する研究を行う。11 月9 日には、同社大阪本社にてコンペ方式で最終報告会を実施し、学生側から理論やデータに基づいた具体施策を提案した。                                                     また、2018 年12 月12 日、13 日の2 日間で明治大学、シンガポール国立大学と産学連携プロジェクトを実施した。これは、明治大学がJASSO の支援を受けて、シンガポール国立大学の学生を受け入れ、日本のファッションビジネスやファッションに関する消費文化を学ぶプログラムの一環として実施したもの。同社では引き続き連携を強化し、取り組みを行っていく方針。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る