マルチ決済システム「iRITSpay」、新たに組織横断的なプロジェクトチーム発足で販売強化へ ~多様化するキャッシュレス決済に迅速に対応~

株式会社アイティフォー(東京都千代田区本社、東川 清社長)は、マルチ決済システム「iRITSpay(アイリッツペイ)」の販売強化に乗り出すことを発表した。第1弾として、2018年12月より新たにプロジェクトチームを発足し、販売体制を強化する。
訪日外国人の増加に伴いますます決済手段が多様化するで、各企業では決済システムの対応が急務となっています。そこで同社は決済システムを販売当初より小売業向け基幹システム「RITS(リッツ)」を導入済みのお客様を中心に販売活動を行っていたが、近年では、小売業以外の金融機関や鉄道会社などにも当システムの展開を開始しており、マルチ決済システムに対する問合せが急増している。しかしながら、業界ごとに営業部員が分かれていたことから、販売が戦略的かつ効率的に実施できていない状況となっていた。
こういった状況を踏まえ、当社では組織を横断した「決済システム」プロジェクトチームの発足を決定した。このプロジェクトチームは、金融事業部や流通EC事業部に所属していた営業部員で構成される営業チームと、決済システムを戦略的に企画・推進するチーム、システムの保守・運用を担当するチームの3チームで構成。これにより、社会動向や顧客ニーズを迅速に把握し、戦略的に決済システムの開発・販売を実施することができるようになる。

※マルチ決済システム「iRITSpay」とは
同社のマルチ決済システム「iRITSpay」は、デビットカード・プリペイドカードを含むクレジットカードや電子マネーに加えて、中国系決済のアリペイ、ウィーチャットペイといったQRコード決済などマルチ決済を可能にし、導入するだけで改正割賦販売法への対応を実現する「iRITSpay決済ターミナル」と「iRITSpay決済クラウド」のこと。現在、国内のQRコード決済についても順次対応を進めている。
「iRITSpay決済ターミナル」は、POS端末に引き渡すデータは金額と取引結果のみで、カード情報はPOS端末を経由せず直接カード会社に送信するため、POSシステムと決済端末とのインターフェースのみの改修となり、コストも導入期間も大幅に縮小化が可能となる。またバッテリー搭載モデルで持ち運びが自由なため、百貨店のショップや飲食店のテーブルで必要とされる面前決済への対応も可能となる。
なお価格は、当社までお問合せください。

【製品URL】
決済サービス「iRITSpay」:
https://www.itfor.co.jp/rits/iRITSpay.html

【株式会社アイティフォーの概要】
代表者:代表取締役社長 東川 清
本社所在地:〒102-0082 東京都千代田区一番町21番地 一番町東急ビル
事業内容:システムインテグレーター(システム構築)
東証第一部(4743)
電話:03-5275-7841(代表)
URL:https://www.itfor.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る