タムラ(塚本喜左衛門社長・京都市本社)/和装インナー「しとや華」新発売

タムラ(塚本喜左衛門社長・京都市本社)は2019春夏物から新和装インナー「しとや華」を販売する。同社の中核会社ツカキは大手着物販売企業で早くから和装インナーを扱っており今回、着物製造業者や着付けの先生など着物に関係するプロの声を聞き商品の改良を行なった。
主な改良点は①パットのズレを解消するために取り外し可能なオリジナルパットに改める、②縫い目が肌に当たらない様に縫製仕様を替える、③脇がゆるいので伸縮度が少ない綿素材を使用しサポート効果をプラスする、④ネームが肌に触れない様に外側縫製にする、⑤肩に食い込まないように肩幅を広くする、⑥綿レースから落下版レースを使用するなどと改良した。カラーは白。
ツカキグループが補整下着に進出して10年目を迎えることから締め付ける補整から滑らかに整えるというコンセプトに変えて「スムースメイク」とした。従来の補正シリーズを刷新し、より快適な着用感と美しさにこだわるアイテムを提案する。ボディスーツ9200円、ボディシェイパー6200円、ガードル5300円。いずれも税別。サイズはM、L、2L、3L。カラーはベージュ、モカ、ピンクベージュ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る