白鳩8月期決算/増収減益・ワコールと低価格品が増加

白鳩8月期決算は売上げが前期比105・9%、売上総利益が同106・8%と伸びたが、販管費が同107・7%と増加増したことで営業利益が同98・6%と減少した。売上げが伸び悩み販管費の増加を吸収できていない。売上高は53億8400万円(同105・9%)、営業利益1億9900万円(同98・6%)、経常利益1億8200万円(同110・7%)、当期純利益1億2700万円(同91・2%)となる。
財政状態は純資産合計が28億3898万円と第三者割当増資により14億1384万円増加し、金融機関からの借入金を全て返済したことで自己資本比率が74・4%(前期40・5)と大きく改善している。(この決算内容、及びその背景については12月1日号に詳しく掲載)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る