三和/制菌率99・9%のブラ、ブラトップ・・プラス接触冷感インナー(2019年春夏展)

三和(大阪市本社)の9月展は制菌率99・9%のブラジャーやインナーに消臭抗菌機能をバージョンアップし、19年春夏に向けてカップインナーや接触冷感インナーを充実させている。春夏展テーマは「ビューティリティ」という造語でビューティとユーティリティを合わせて楽な着用感に美しさを加えて行くことを企画指針にしている。
ブラジャーでは衣服に付着する細菌を99・9%カットするナノファイン加工の素材にメッシュ状の生地や通気性の良いカップを使うことでを風通しを改善し暑い時期の着用感を快適に過ごせるようにした。また、姿勢ブラでは肩甲骨を意識して姿勢を正すたすき掛けの原理を応用したブラジャーを新販売する。アンダーベルトやストラップ部分を幅広くして常に肩から肩甲骨を意識させ姿勢のよいスタイルを実現させるもの。ブラジャーではこういった姿勢矯正ニーズと合致する需要も増えており期待アイテムのひとつとなっている。
婦人インナーでは同じナノファイン加工の制菌率99・9%の素材を使いカップ付きインナーの生活シーン別提案やカラー展開を増やしている。内蔵しているパットをフラットにすることで響きにくく広範囲で汗を吸収できるようにしたり、女性らしいブラトップにするためにブラジャーを付けているかのような仕様にした。背中当布下辺部にテープを使用せず締めつけ感を軽減し、パワーネットでフィット感をアップ、ブラのアンダーに使用されるテープを使い、しっかり支えて前中心を上げて曲線にした。
また、旭化成のペアクール素材を使い紳士や婦人の接触冷感インナーを拡げる。この春夏でも売れており、これまで以上に細い糸を使いフライス編みやベア天、ドライ系素材でサラット感が向上している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る