ユニクロとダイフクが戦略的パートナーショップを締結

ユニクロを展開するファーストリテイリング(柳井正会長兼社長)とダイフク(下代博社長)は10月9日、中長期的・包括的な物流に関する戦略的パートナーシップ合意書を締結した。その締結内容は売上高3兆円を目指すファーストリテイリンググループとマテリアルハンドリング(マテハン)システムで世界トップクラスのダイフクが、有明倉庫の自動化を通じて構築した信頼関係とイノベーションを通じて中長期にわたる両社の発展と継続して安定した物流機能の提供をめざすものとなっている。両社は豊富な知識と経験による物流システムの改革・改善に努め、顧客の手元に商品がより早く届けることができるように物流の状況を的確に把握し画期的な物流システムを構築していく。
両社は、このパートナーシップ締結にともない下記の取り組みを行っていく。
①最新鋭の自動化設備の導入。                                                ファーストリテイリンググループのブランドの国内外における倉庫自動化にむけ、世界最新鋭の自動化設備を開発・構築する。
②特別チームの編成
ファーストリテイリンググループのブランドの国内外における倉庫自動化の計画、実行およびメンテナンスに対応するため、両社から特別チームを編成し、よりよい物流環境の構築をめざす。
③一気通貫した自動化設備導入の推進。                                             自動化設備の導入にあたり、その設計・機器・資材、および専門的人材の調達、建設ならびに試運転を含む全過程における業務を一貫して推進し、最短での自動化設備導入をめざす。
④物流システム開発の協働
自動化設備の生産性の最大化にむけて、従来の考え方にとらわれない新しい物流システム、および、そのために必要なシステムの開発を計画・実行していく。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る