アツギ/美濃和紙を使った靴下・2019年春夏から新発売

アツギ(海老名市本社)は、来春夏から美濃和紙を使った靴下を販売する。これは、同社が培った70年の靴下製造技術と1300年以上の歴史ある美濃和紙をかけ合わせた糸にこだわる靴下。美濃和紙を原料とすることで通気性に優れていることや肌に馴染むサラットした着用感と強靱な耐久性が靴下を作り上げた。
商品は4品番で①フットカバーはかかと内側すべり止め付きで税別1000円、②スニーカー丈ソックスは足底サポーティで同1100円、③リブロークルーソックスは同1300円、④リブシャトルクルーソックスは同1400円で各品番ともにグレー、オフホワイト、ブラックの3色展開。
糸は綿100%の糸とスリットして撚った和紙を交編して一本の糸にした。この靴下は和紙特有の吸湿性があり、長時間着用しても肌に馴染みサラットした着用感がある。冬は空気層を暖かく包み込み1年を通して着用できる。
美濃和紙は岐阜県美濃の豊かな自然の中を流れる長良川、板取川の清流から生まれてきた。その魅力は柔らかみのある繊細な風合いを持ちながら強靱な耐久性があり薄くムラがないこと。その品質は1985年に伝統工芸品に指定され、本美濃紙は1969年に国の重要無形文化財に、そして、2014年にはその手漉き和紙技術がユネスコ無形文化遺産に登録されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る