べネクスリカバリーウェア2018年秋冬発売/新・眠り方改革提案

休養時専用リカバリー(疲労回復)ウェアを製造販売するベネクス(厚木市本社)は、2018年秋冬限定の新商品を9月下旬から発売開始する。また、関心が高まっている「睡眠」の新たなスタイルを提唱する「新・眠り方改革。」プロジェクトをこの秋発足した。秋冬限定商品は、季節に合った快適さと日常的に身にまとえるデザインや素材を採用した「休養時専用ウェア」を展開する。
9月下旬発売する商品は吸湿発熱性に優れている再生繊維リヨセルが、衣服内の環境を快適にコントロールする。他のアイテムとコーディネートしやすいカラー・デザインをラインアップした。メンズではロングスリープスキッパーネック(3サイズ・本体価格1万4000円)、レディスはロングスリーブタートルネック(2サイズ・同1万4000円)、ロングスリーブ(2サイズ・同1万3000円)の3品番。他に10月下旬発売のタウンユースに合うコンフォートウオーム3品番(メンス2品番・レディス1品番)やネックカバーやボディコンフォートウオームなど4品番も発売する。

「新・眠り方改革。」は、休養の重要性を広める一助となる活動を展開し社員の福利厚生の一環として、業務中の仮眠制度の導入や日常の睡眠改善策に取り組む企業や導入を考えている企業とコラボを実施することで、社会が抱える睡眠に対しての意識向上と課題解決を図る。
第一弾の睡眠リカバリーキャンペーンは国内企業で、社員の睡眠改善に関する制度を実施している、またはこれから導入予定の企業を公募。応募審査で一定基準を満たした企業に、べネクス商品を提供するもの。実施時期は2018年10月~12月(予定)。同社では、同じ趣旨に賛同するサポーターの募集や啓蒙活動を展開する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る