美光9月展(2019年春夏展)シルクインナーを充実

美光(東京本社)は9月展(2019年春夏展)でシルクインナーのアイテムを充実させている。これは、近年、肌触りや天然素材にこだわる消費者が増えており、従来から展開していたシルク製品の需要が高まると見てラインナップを増やしたもの。シルクスムースのパット付きキャミソール(税別7300円)、パット付きノースリープ(同7800円)、パット付きフレンチ袖(同7500円)、ノンレースショーツ(同3000円)など。シルク混針抜きシリーズでは、ブラキャミ(同4000円)、7分丈ボトム(3800円)、ハーフトップ(4100円)など。シルク素材のリブインナーでは、キャミソール(同7500円)、ノースリープ(同8500円)、7分袖インナー(同1万500円)、ショーツ(同4300円)など。シルクは世界的にも素材価格が値上がりし、素材の仕入れが難しくなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る