アツギ/今日、履きたいタイツが一目で分かる、オリジナルバックマークを8月出荷分から採用

アツギ(海老名市本社)は18年秋冬タイツ(アスティーグ)から商品名とデニール数を表示したオリジナルのバックマークを採用した。これは、従来のタイツパッケージを開封すると商品の種類やデニールが表示されておらず、商品内容の判別がしにくいという欠点があった。これを解決することで、開封後も今、履いているタイツが何か、今日、履きたいタイツがどれかが、すぐに分かるようにした。この新しいバックマークを採用したアスティーグタイツは8月20日出荷分からとなる。

最近では、タイツの履き方もデニールをファッションや生活環境に合わせて使い分けることが日常的になってきている。そこで、同社では女性が一番忙しい朝の時間に、迷うことなく履きたいものがすぐに見つかる解決策を、新しいバックマークで提案する。すでにストッキングでは2018年春夏製品から「アスティーグ」11種類で新バックマークを採用し発売している。

従来品バックマーク

 

 

 

 

オリジナルバックマーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る