夏のブラレット人気/おしゃれなデザインが登場/アジャスターやホックがない

夏のセールでカップ付きインナーや無地の白肌着が売れている一方で20代、30代のおしゃれな女性にブラレットの購入者が増えている。ネット通販や下着専門店などのリアル店舗で売れており、売れ筋のチューブトップに続くヒット商品になっている。市場に登場して数年しか経たないブラレットは市場での認知度は低いが、今年に入り各メーカーから様々なデザインが投入され、夏に着るアウターとのコーディネイトを意識した打ち出しが多いだけに人気商品として浮上している。
このブラレットはノンワイヤーでレース使いが多く、アジャスターやホックのないアウター風の見せ方が特徴で、上に羽織るアウターがあれば見えても十分に着こなせると、おしゃれな女性に人気だ。その話題はSNS上でも多く取り上げられ、夏のおしぇれ下着として人気が拡散している。価格もノンワイヤーの売れ筋ブラジャーが量販店や専門店で1000円中心で高くても売れ筋は1500円と低価格化しているが、ブラレットは、専門店やネット通販で3000円から5000円と値段も高い。ブラレットはアウターウエアや海外のファッションから派生して登場してきただけに、おしゃれな20代から30代の女性に支持されるアイテムとなっている。
高級なインポートランジェリー専門店で東京渋谷にあるイルフェリーノではブラレットとショーツがセットになって1万2800円と高額ながら夏の売れ筋商品となっている(トップ画像)。福井市本社のエル・ローズはこの夏に販売したボタニカルレースのブラレット(7236円)がネット通販で売れている。同じくネット通販の白鳩が7月から販売したブラレット(3240円)は背中クロスタイプでアウターとの相性が良い。ピーチジョンのブラレット(2980円)は背中のホックがないアウター仕様となっている。
この夏はノンワイヤーブラが供給過剰で店頭では飽和状態になり売れ行きが鈍化しているが、その中でおしぇれなブラレットがアジャスターやホックをなくしてアウター仕様で売れている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る