ブラジャー輸入統計/昨年後半から輸入停滞・国内消費の影響か

(写真と本文は関係ありません)
ブラジャー輸入が停滞してきた。弊社が毎月編集している貿易統計によると、今年に入り輸入超過は2月の1024万773本(前年同月比157・4%)のみで、これは、中国の旧正月休みを想定した毎年の生産調整と見られるが、その前の昨年9月から10月と本年2月を除いて4月まで毎月輸入減が続いている。5月30日に公表された4月の輸入統計はブラジャーが1000万1808本(同93・2%)と減少した。背景にはブラジャー消費が停滞していると指摘する声が多い。昨年春夏までは、ノンワイヤー、ブラレット、無縫製ブラなど新しいブラジャーが売れていた。その代表がユニクロが佐々木希をCMに起用した「ワイヤレスブラライト」でカップとアンダーが一体化されたモールドブラで大ヒット商品となった。だが、今年の春夏はこれまでのリードアイテムであるノンワイヤー、シンプルなシームレスブラの勢いが弱い。ノンワイヤーも一巡し、マーケットは次のブラジャーを捜して動き出している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る