ネット通販のディジー・「カリフランカ」の展示会開催/インフルエンサー対象に

ネット通販のディジー(東京本社)は5月31日~6月2日までの3日間東京原宿にあるディジーストア2階、3階でオリジナルブランド「カリフランカ」の展示会を開催した。今回の展示会は2016年の第1回目から3回目となり、過去2回はインフルエンサー、マスコミ、一般エンドユーザーを対象にしていたが今回からはインフルエンサーやマスコミ関係者などに限定して行った。
開催目的は①オリジナルブランドの世界観をアピールすること。②同社がネット通販専業企業という制約から、通常商品を手に取り触れることができない点を考え、実際に見て触り、試着できる機会を増やすため。③これから展開する新商品を見てもらうことで、その商品評価を集め商品企画に活かすことなどだ。
展示商品は6月下旬から11月までに発売するブラジャー&ショーツセットやランジェリー、ルームウエア、小物など全46品番が展示された。会場で展示された商品は来店した関係者には2割引きで販売するサービスも行う。
主力商品のベストメイクブラは脇高仕様でホックが3段と4段ありフィット感の調整ができる。谷間調整や脇高でサイドボーンがあり、脇肉もバストに寄せやすくきれいな胸ができる。中心価格はブラセットで税込4536円~4644円。ディリーブラはワイヤー入りのブラジャーでホックが2段3列の華奢な仕様となっており価格帯も同じ。人気のノンワイヤーブラレットは抜け感のあるデザインが多い。ナチュラルな胸の形と程よくフィットするアンダーバストの着用感が好まれている。全体のデザインはインナー風ではなく、リラックスタイムからリゾート、ビーチ、フェスティバルなどの生活シーンにも合わせやすいと好評だ。シティウエアはシースルーのトップスに合わせると見せブラとしてコーディネイトできる。このノンワイヤーシリーズのデイリータイプはモールドカップにレースが付いて胸が上向きになるタイプが人気。
これから強化したいアイテムのひとつがルームウエアで、今回は光沢のあるワンピースタイプの羽織るルームウエア(同7020円)が注目された。他に売れ筋のマキシワンピース(同7560円~8964円)も多く、室内だけでなく外着にもなる万能デザインが多い。他にテディやベビードールなど透け感がありセクシーなランジェリーもある。
この「カリフランカ」はモデルの難波サキさんがアドバイザーとなり主に商品のビジュアル面を担当している。同社の販路がネット通販で見て触り試着して買うことができない制約がある。それだけに、それを越えて購入につなげるには「ぱっと見た目」を重視したカラー配色、デザイン、見せ方、撮影方法、ページ作りにこだわっている。そして、購入後の着用満足感がプラスされてリピーターとなり、ビジネスが完結するというシナリオで物作りを行っている。
同社では今回のインフルエンサー向け展示会を開くことで商品情報の収集のみならず、ブランド情報がSNSで拡散されていくことを期待している。これまでのBtoB(事業者間電子取引)を目的にした展示会ではなく、BtoC(消費者向け電子取引)を目的にした新しいスタイルのリアル展示会が注目される。 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る