高級男性用下着「sunny voice」を2018年6月8日(金)から再販売を開始

株式会社sunny voiceは、2017年12月20日~31日の期間で阪急百貨店公式通販サイト「阪急MEN’S ONLINE STORE」で約400枚を完売した高級男性用下着「sunny voice」(1枚M、Lサイズで税込6900円~)を2018年6月8日(金)から再販売を開始した。この商品は男性が穿くパンツを、これまでの「何となく穿いてきたもの」から「穿きたくなるもの」へ価値観を変えたいとの想いから、“究極の触り心地”を求めてパンツ界の前例にとらわれない商品開発で誕生した。購入者の約8割が女性で、その理由として、買った女性が「ずっと触っていたいから」という感想が多く出ている。彼氏やパートナーへの贈り物のほか、女性みずから穿く“自分用”としてもリピート注文が多い。

生地はすべて日本産で(ポリエステル84%/ポリウレタン16%)。触り心地だけでなく「座る」「歩く」など縦の屈伸運動に適した生地を独自に生み出し、一般的なパンツにある横の伸縮性だけでなく、縦の伸縮性を最大限に活用。食い込み防止やポジショニングを固定し、それによって余計な皮膚摩擦を起こさず蒸れにくいという機能性も実現しました。男性にとって最も重要なポジショニングを左右するフロントカップ部分にも、独自の製法を取り入れている。「sunny voice」のフロントカップは他社よりも長く、しっかりと睾丸をカバー。睾丸がフロントカップからはみ出ることがポジションのズレに繋がり、ズレが余計な皮膚接触を生み、蒸れにつながるという悪循環を改善する(特許、意匠登録申請中)。製造はすべて国内。縫製技術の高い専門の職人の手作業で、一枚一枚丁寧に作り上げている。さらにバリエーション豊かなデザインと究極の肌触りを両立させる独自の「プリント技術」も開発。一度完売すると、2か月かけて丁寧に作り上げている。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る