アダストリア「ビジュリイ」/目指すグローバルワークのコーナー販売 ブラはノンワイヤー中心

SPAアパレルのアダストリア(東京本社)からランジェリーブランド「ビジュリイ」が発売された。スタートは3月5日からで主に自社公式オンラインショップとゾゾタウンなどECサイトの販売が中心。他には、自社アウターブランド「グローバルワーク渋谷店」でラック1本程度の小スペースでコーナー展開しているが、リアル店舗での店舗拡大はこれから。商品はブラジャー、ブラレット、ショーツ、ブラキャミなど約30品番の品揃えで、ブラジャーの価格帯は税込2600円~2900円でカラーが1品番当たり3色~4色でMとLの2サイズ展開となっている。価格は既存アウターブランドで売れている価格帯がレディスのシャツやカットソーで3000円から4000円前後ということで、その延長で買いやすいブラジャー価格を設定した。
デザインは同社のカジュアルウエアブランド「グローバルワーク」の延長に位置ずけ、カラーや価格帯もアウターを買うついでに買えるアイテム構成とデザインにした。カラーではベージュよりも下着ではあまり使わないアウタートレンドの濃いグリーンを使うなど、通常の下着売場にないカラー構成を意図しており、しばらくはトライアルシーズンとして様々な商品や売り方研究を続ける考え。また、ブラジャーはノンワイヤーブラを中心にしてカジュアルウエアのブランドイメージを下着化した。アジャスターやフックアイも装填しノンワイヤーのフィット感で、楽な着心地を基本としながらも楽さだけでないレースの装飾、伸びる素材による肌触りの快適性で女性らしさを付加している。着心地の軽さと肌触りは国内のニッターとも協力して良い素材を採用していく考え。
今後の展開については、同社グループ(年商約2300億円、約1500店舗展開)で全国に210店舗を展開する「グローバルワーク」のなかにセレクトタイプの下着コーナーを展開していく計画。売場面積が100坪以上ある大型店舗の中でコーナー販売を計画している。そこで販売する下着はアパレル製品と同じMLサイズで販売員が売り方に慣れており売りやすいと判断している。スタートは30品番を展開したが、グループのSPA業態に合わせて、これからは毎月新商品や既存商品のカラーチェンジなどで品揃えの新鮮さを出していく。
当面はブランドの認知度を高め、商品のバリエーションを拡げる。アイテムでは靴下やホームウエアのカテゴリーやアスレジャーに代表されるヨガ、ジョギング、ウオーキングなどに対応したスポーツインナー(ブラジャー税込3600円~3900円・ボトム同5900円~)が4月以降に登場する。同社インティメイト事業部ビジュリイディレクター兼チーフデザイナーの田村静江さんは「この数年でブランドを確立し、コーナー展開を増やしたい」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る