アツギから、アクティブテクノロジーを駆使したアスリート対応スポーツインナーが誕生!

「AddElm×ATSUGI」期間限定ショップがららぽーと海老名に出店

レッグウェア・インナーウエアメーカーのアツギ(海老名市本社)とアクティブテクノロジーの開発を行うTripure Japan株式会社(本社:東京都渋谷区代表取締役社長:杉本健、以下トリピュアジャパン)は、最先端テクノロジーを駆使した新感覚素材「AddElm」を使用したアスリート対応スポーツインナー「AddElm×ATSUGI(アドエルムバイアツギ)」を2018年秋冬シーズン(7月)より展開する。これに先立ち4月25日(水)からは、ららぽーと海老名に期間限定ショップ「AddElm×ATSUGI」をオープンする。この出店を通じて、新企画「AddElm×ATSUGI」の認知拡大を狙う。

新企画「AddElm×ATSUGI」開発の背景と出店の狙い
アツギは2011年よりナショナルブランドにて軽スポーツインナーウェアブランド「クリアビューティ®アクティブ」を展開している。軽スポーツブームを見据えた企画とインナーウエアメーカーならではの商品開発により、発売以来売上高が前年対比2桁増を更新し続けるなど、スポーツインナーにおいても定評を得ている。一方、トリピュアジャパンは、人間を構成する元素に注目しアクティブコンディショニングをテーマに開発された独自のテクノロジー・AddElm運動理論を提唱している(詳しくはこちらhttp://addelm.com/technology.html)。ミネラルパウダーを調合したブランドプロダクト(素材)を供給し、コンシューマーからアスリートまで幅広いニーズをバックアップしている。軽スポーツインナーが好調な中で、次の段階であるアスリート対応商品の発売を目指すアツギとアクティブテクノロジーの普及を目指すトリピュアジャパンのビジョンが一致し、今回の協業となる。

今回の協業により2018年秋冬シーズンよりワークアウトブラ、ワークアウトボトム、男女兼用アームカバー・カーフカバーを7月下旬から展開店舗を限定して発売する。これらの商品は全身の筋肉を動作に対して効率よく活動させることで日頃のトレーニング効果を高め、パフォーマンスの向上が期待できる、AddElm のアクティブテクノロジーを採用しています。今回の期間限定ショップは18年秋冬シーズンの展開に先立ち、デビュー告知とブランドの認知向上を図るもの。

店舗概要
AddElm×ATSUGI(アドエルムバイアツギ)
2018年4月25日(水)オープン、6月8日(金)までを予定
神奈川県海老名市扇町13-1 ららぽーと海老名3F(区画3810)21.8坪
10:00~21:00不定休(施設に準ずる)
スポーツウエア(ワークアウトブラ(¥4,000+税)、ワークアウトボトム(¥5,000+税)、
アームカバー(ユニセックス・¥3,500+税)、カーフカバー(ユニセックス・¥3,500+税)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る