葛和紙繊維の靴下/奈良県内で生産した靴下  パドック

パドック(大和高田市本社、福田保夫社長)は奈良県のシンボルといえる植物の葛の根を原料にした糸を使い、編立から縫製まで県内で生産したエコスタイルソックスを1足(1500円~1600円)から販売している。この靴下はクールビズに最適な商品で特徴は①軽い、②吸湿性に富む、③ハリがある、④べとつかない、⑤洗濯への耐久性に優れているなど。CO2の排出減効果があることからファンが増えている。色は大和の自然と古都に暮らすイメージに絞る。
これは奈良県繊維工業協同組合連合会が県の支援を受け2017年から奈良県産エコスタイル創出事業として開始した。奈良で生産された吉野葛根を原料に採用しているのが大きな強み。従来なら根は産業廃棄物として使い捨てになるものを和紙に漉き込み天然素材の糸をより合わせ繊維に仕上げている。ブランドは「KUZUWASHI」、「咲良史歌鹿」。アイテムは靴下、セーター、ニットシャツ、ベストなどで組合員が得意とするものを製品化して展開している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る