らくらくシームレスインナー2018春夏/切りっぱなしとボンディングに分かれる/カップは内蔵型と取り外し可に2分化

春夏インナーでストレスフリーをコンセプトにした商品開発が続いている。昨年から続き今年で3年目を迎える経て編み生地(一部丸編み生地)をつかったシームレスインナーの動きは、大手流通各社がいっせいに新商品を打ち出してきたことで、市場競争が一段と激しくなり製品スペックや価格も様々な違いがでている(表参照)。
ユニクロは昨年から販売しているカップとアンダーベルトの土台部分が一体となった「ワイヤレスブラライト」と「ワイヤレスブラソフト」(税別1990円)が大ヒットしたことを受けて、この春からはそれに続くワイヤレスブラシリーズ第3段として「ワイヤーレスブラリラックス」(同1990円)を新発売した。商品特徴は主力素材のエアリズムを採用し取り外しできるカップをつけ、アンダーベルト、アーム、ネック部分はボンディング加工していること。リラックスを訴求しながらも補正も付加している。
グンゼは「キレイラボ」で昨年から販売している完全無縫製の切りっぱなしインナーを他社と差別化し独自の丸編み技術でシームレス化を実現した。この春からは綿混タイプ(同1800円~2500円)が新たに登場し、他社が綿混素材でできない綿比率65%、ポリウレタン35%と綿の割合を増やす独自技術で他社との差別化を図る。
しまむらは前年春夏に一部販売しヒットしたことで、改めてリニュールしてシームレスインナー「最高にらく」(ブラセット税込1500円)を2月から新発売した。カップは内蔵型でボンディング仕様にしたことで洗濯耐久性やバストを整える機能を付加している。
チュチュアンナは、この春から新しく綿混タイプのシームレスインナー「着るブラ」(税別2800円)を新発売した。取り外し可のカップは穴を開けて通気性を改善している。綿35%とポリウレタン65%の素材構成。
イオントップバリューは「BODY SWITCH」で全12アイテムでひびかないシリーズのシームレスインナーを打ち出した。締めつけ感を軽減するために切りっぱなしの経て編み生地を採用し、ドロップ型カップでバストをサポートして楽さと補正を両立させた。ハーフトップが税別1580円で、スポーツシーンのみならず日常的な動く生活シーンに対応できるとしている。
各社は日常の動きに対応することと楽な着用感を同時に実現するブラジャーやインナーの提案で、これまでにない新しい着用感を消費者に訴えている。展開サイズも従来のブラジャーと違いM、L表記で分かりやすく店頭のSKU(在庫の最小単位)も少ない。その分、在庫リスクも軽減され、店頭での接客販売も簡略化できる。シンプルでスタイル重視のデザインは働く女性が増える中で生活様式の簡素化や時短にもつながり、現在のライフスタイルとつながっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る