エル・ローズのアエラブルー2018春夏/ブラレット・旅から日常まで着用シーン広がる

下着メーカーのエル・ローズ(福井市本社)がオリジナルブランド「AERA BLUE」(アエラブルー)2018春夏新商品を発売した。今シーズンの下着は旅に出たときの着用シーンを想定し、忙しい日常から放たれた時間から日常の空間までを下着で満喫してもらおうと企画したもの。薄着になるシーズンのアウターウエアのような下着としても活躍しそうだ。商品は総レースのブラレット2品番とノンレースの水陸両用の生地を使った下着2品番の計4品番でいずれもノンワイヤー。ゆったりした着心地で肌へのストレスが無く、しかも下着がズレ落ちない設計となっており着用しても安心安全な下着となっている。コンセプトは旅行や海辺で動く着用シーンを想定しておりブラレットやショーツのカラーやデザインがアウターよりに作られており、スタイリッシュに見える下着となっている(関連ニュースは下着靴下経済新聞5月1日号に掲載予定)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る