キッドブルーの秋冬はパジャマパーティ

パジャマ16月展

キッドブルーの6月展(7月~11月納期)はテーマが「パジャマパーティへのご招待~大切な人へに温もりを贈る夜~」で寒くなる秋冬に家の中で家族や友人とくつろいで楽しい一時を過ごす、そんな空間をルームウエアやインナーウエアで提案している。
シーズンカラーは温かい暖炉からイメージしたオレンジやブラウンを中心に、クリスマスシーズンにはフラワーのモチーフを引き立てるブラックからチャコール、それにスモーキーなペールピンクをキーカラーに華やかなローズプリントで演出する。
この秋冬のMDポイントはアンダーウエアでシーズン立ち上がりはオレンジがポイントのナイトブーケとシーズンカラーを加える。ブランドフェアでは継続して人気の杢カラーのエンブシリーズを打ち出す。
リラクシングウエアではフラワープリント、ドット&ボーダー、チェックプリントなどでパジャマパーティのテーマを演出する。アイテムでは3重ガーゼやニットキルトのパジャマを展開する。ワンマイルウエアではトレンドのベロアに裏起毛、ニットキルト素材でコーディネイトを提案する。アイテムは新しくストールやグローブを展開する。
同ブランドは百貨店内のインショップがメインだが、春夏の百貨店販売全体が低迷する中でも売上(前年比108%)を増やしている。中でもリラクシングウエア中心にルームウエアが前年比130%と大幅増、インナーウエアも同103%と伸びているが、ルームウエアの伸び率が高い。天然素材、肌触りの良さ、楽な着心地、身につけて安心といったことが消費者からの根強い支持を受けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る