イオン座間3月16日グランドオープン/全国から160の専門店が集結・イオンスタイルが核店舗に

イオン座間が3月16日グランドオープンを前に3月10日報道関係者向けに内覧会が開催された。この商業施設は日産自動車座間工場の跡地の一部を再開発し、新しく再活用するもの。市内最大級の食のゾーンから日々の生活に寄り添うエンターテインメントまで160の専門店が全国から集まる。
施設概要はイオンスタイルを核店舗にスポーツオーソリティ、H&M、ユニクロ、GU、ノジマ、namco、紀伊國屋書店などがサブ核店舗となり、全部で160店舗の専門店が出そろう。建物は敷地面積約5万8000㎡、延床面積約11万2000㎡で総賃貸面積が約5万㎡となる。鉄骨造りの地上3階建てで駐車台数が約2500台、駐輪台数約1000台の設備となる。従業員数はモール全体で約2500人、そのうちイオンスタイル座間で約500人となる。基本商圏は車で25分(半径5㎞)で圏内約28万世帯、約61万人を対象にする。
とくに強化している「食」の分野では1階にフードホール「ZAMADERI」(ザマデリ)には肉匠かみむらや魚力など地域の特産品や食材専門店、お惣菜、スイーツまで神奈川県初出店も含め18店舗が揃う。2階のレストラン街には横濱一品香、ピザ専門店シェーキーズ、パスタの町屋イタリアンぎおん椿案など13店舗が展開。3階のフードコートには全席1000席を備え飲食店12店舗と子供向け遊技ランドキッズランドを設置した。
アパレルやグッズでは大型専門店以外にセレクトショップのメゾンフォーカップス、女性に人気のハミルトンエッセンスから雑貨専門店のオーサムストアーやグッドギフトゴー、パリスジュリエットなどが出店している。
下着や靴下では、専門店の新規出店はなく、大型店舗のコーナー展開で下着靴下が販売されている。核店舗のイオンスタイル2階の下着靴下売場、ユニクロやGUの下着売場、それに、H&Mはこれまでにない大きなスペースで下着売場を展開している。他に、座間の歴史紹介スペース設置やキッズ売場を充実させたり、初めて郵便局とカフェのコラボ出店など地域ニーズを取り込んだ商業施設が特徴となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る