オリジナル包帯アンダーウェアブランド「SIDO(シドー)」、 ウィメンズ2018年春夏の新作 「アウターに響きにくい、ムレにくい、軽い履き心地」の下着を発売

東京発アンダーウェアブランドSIDOを展開するログイン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:野木志郎)は、ウィメンズ2018年春夏コレクションの新作「ラインが響きにくい、ムレにくい、軽い履き心地」の下着全3型を公式オンラインストアにて3月2日(金)より販売を開始する(ルクア イーレ イセタンメンズでは3月7日(水)からプロモーションイベントにて展開を開始)。新作は、HOHTAI(R)生地の柔らかく肌を包み込むような履き心地の良さに加え、新たなターゲット層となる20代から40代の女性に向けて、日々女性らしさを引き出すライフスタイルを提案する。

【商品特徴】
・オリジナルの包帯編み構造により、通気性に優れムレを軽減
・縦横に伸びるウエストゴムとHOHTAI(R)生地は程よいフィット感で締めつけを軽減
・おしりのラインは生地端を使用したヘム仕様だから、ボトムスに響きにくい
・股上が浅く、ボトムスから見えにくい
・クロッチは綿100%の安心素材

【包帯ローライズボクサー】
ブラック ¥2,800+税
M(ヒップサイズ):87~95cm
L(ヒップサイズ):92~100cm

身生地:綿60% ポリエステル35% ポリウレタン5%
ウエストゴム部分:ナイロン77% ポリウレタン23%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る