第55回FISMA TOKYO(東京ファッション産業機器展)10月3~4日開催 主催:東京都ミシン商工業協同組合

東京都ミシン商工業協同組合は2月6日記者会見を開き本年10月開催予定の第55回FISMA TOKYO(東京ファッション産業機器展)の開催概要を公表した。今回の開催テーマは「KAIZENーPARTⅡ」NIPPONものづくり~より速く、より美しく、より正確に~とすることで、よりよい改善を繰り返し行うという意味が込められている。開催期間は10月3~4日の2日間。東京ビッグサイト西3ホール(4680㎡)で行う。予定では110社、270小間の展示規模で来場者数1万2000人(前回1万70人)を見込んでいる。出展対象は縫製機器及び関連機器、生産管理機器や工場設備関連機器、繊維機械、情報技術関連サービスなど。主催者は東京都ミシン商工業協同組合で開催2日間では関連した主催者セミナー、出展社セミナー、特別企画展なども用意されている。この問い合わせはFISMATOKYO事務局、電話番号03ー3503ー7611アテックス株式会社内まで。(画像はすべて2017年の同機器展)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る