パンスト、タイツ輸入統計 4月も引き続き低調

パンスト、タイツ輸入統計 4月も引き続き低調

67デシテックス未満 前年同月比75.2%  67デシテックス以上7ヶ月連続減少

パンスト、タイツの4月分の輸入統計が5月27日財務省貿易統計から公表された。それによると、主に薄手パンスト類を中心にする67デシテックス未満(60デニール未満)が前年同月比75.2%。3月の114・2%のみが増加しているが、その他は毎月減少しており、マイナス傾向に変わりはない。

一方で、厚手タイツ類などが中心の67デシテックス以上(60デニール以上)の4月は前年同月比74.1%で、これも7ヶ月連続してマイナスとなる。月末に公表される国内生産統計の数値と比較しないと詳しく分析できないが、パンスト類は一部円安で国内生産回帰の現象は見られるものの、この輸入量の減少傾向はそれだけでなく、国内消費の低迷が大きな要因ともなっている。

PDFパンストタイツ輸入貿易統計

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る