パリレポート ギャラリーラファイエット 売上好調なプリンセスタムタム

ラファイエットパリの百貨店 ギャラリーラファイエット

パリのレポート     ギャラリーラファイエット売上好調なプリンセスタムタム 

パリの百貨店「ラファイエット」を視察レポートする。売場面積3500㎡世界一広いランジェリー売場。2013年5月に改装。デザイナー「ステラ カダント」とのコラボレーションでオスマニアン風の売場に。フローリングや壁の装飾などからパリのアパルトマンにいるような雰囲気を演出。
4階売場にはランジェリー、ナイティー、レッグ、スポーツウエア、バッグなど。ランジェリーのコーナーは大きく3つに分けられている。デラックス、トレンド、レッグのコーナーに分かれる。売上げがいいのはオーバドウ、ラペルラ、それにエージェント。プロボカターオーパードは改装後低迷していた時期があったがメンスの人気も高く好調。
デラックスコーナーにはほかにもエレス、シャンタルトーマス、シモーヌペレルがある。他にもラボクリエーターと呼ばれるクリエーターブランドをいくつか集めたコーナーもある。ここで評価が高いと、次に売場の正式ブランドに認められる。ラボクリエーターにあるイタリアンブランドのパラディーニはフランスでは現在ギャラリーラファイエットだけで販売されている。デラックス、トレンドとも異なる。快適性に優れ、技術の高いブランドを集め多くのコーナーとナイティーの売場もある。
ハンロ、ロランスタベルニエ、ラルフローレンがナイティーのコーナーに。ホームウエアが充実でロランスタベルニエとハンロに人気がある。機能性にすぐれ、かつ美しい製品をもつワコールも好評。色については、現在売場でよく売れる色はベージュ、白、黒といった定番カラー。ほかに目立つ色はオレンジ、濃いピンク、赤。
レッグの売場と水着の売場が共存。季節に応じて、冬場はレッグ売場を広くし、夏場は水着売場の占める割合が大きくなる。しかしながら、シーホリー、ウイット、パンドゥシュークルの3つのブランドは年間を通して売場に陳列されている。フランス人は冬場でも暖かい地域に出かけることがあるため、水着は通年商品とされる。
最近はランジェリーにもスポーツウエアの影響が多くみられるが、ギャラリーラファイエットでは昨年からスポーツブランドをランジェリー売場のとなりに取り入れた。リーボックの売場はランジェリー売場の中にある。ナイキ、リーボック、ロレが人気。ロレはヨガウエアを扱う。売場に隣接したヨガスタジオでレッスンを受けることも可能。ナイキではトータルコーディネートが可能。シューズ、スポーツブラともにホームウエアやスポーツウエアにもなるタイプが人気。
トレンドコーナーで売上げが高いのはプリンセスタムタム、シャンテル、リズシャルメル。なかでもプリンスセスタムタムは大変好調 。ユニクロとのコラボ商品がある。このためユニクロを期間限定で6ヶ月、プリンセスタムタムの隣に売場を設けている(アーク・スリー・インターナショナル内藤憲夫)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る