奈良県靴下工業協同組合(喜夛輝昌理事長)/東京の奈良まほろば館で靴下販売イベント開催

奈良県靴下工業協同組合(喜夛輝昌理事長)は12月12日~17日までの6日間に東京日本橋にある奈良まほろば館で同組合が製造販売する靴下ブランド「ThePair」(ザ・ペア)の販売イベントを開催した。1階のイベント会場では奈良の組合員が国内で製造した日本製靴下が約57種類が品揃えされた。2017年秋冬物が34種類、2018年春夏物が23種類並んだ。会場奥には大型テレビで靴下を製造する工場風景が画面に映し出され日本製靴下の優れた技術を紹介するコーナーも併設された。 今回のイベントは2015年に第一回目が同会場で行われ3回目となる。とくに、今回はこれまでのように日本製靴下の紹介に止まらず、靴下の販売も合わせて行うという趣旨で開催している。会場を訪れた消費者にはリピーターも来ており、奈良靴下の認知度も徐々に広がっている。喜夛輝昌理事長は「靴下ソムリエ資格制度に全国から大勢の方が応募していただいた。これを機に靴下の販売にも力を入れていきたい」と語っている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る