パリスインターナショナル・8月からツェルマット販売/来春からルー(仏)導入

高級ランジェリーを扱うパリスインターナショナル(大阪市本社)は10月に開いた展示会で今年3月に倒産したツエルマットの商標と在庫を買い取り、新たに同商品の卸販売を開始する。今回の引き受けに関しては、かつて同社がツエルマットの販売代理店をしていた過去の実績と破産処理を進めている弁護士事務所からの要望、そして、取引先専門店からの販売再開を望む声が多く寄せられたことなどで、事業の引き継ぎを受け入れることとなった。ツエルマットの商品はショーツが中心で過去の在庫を除くと16品番で、その中でも定番でリピートの多いのが5品番ほどある。ショーツの価格帯は1枚3000円から4000円前後で全国に約100店舗ほどの販売先がある。生産は100%国内縫製で新潟と足利に縫製工場あり継続して生産する。
LOU MAQUETTE ok.inddLOU MAQUETTE ok.inddまた、同社では新しくフランスのランジェリーブランド「ルー」を新発売する。このブランドはかつて日本でグンゼが1976年から輸入開始し1978年からはインポートと併行してライセンス商品の発売が始まり1998年頃まで展開していた。フィッティングがよく、セクシーなテイストは大人のランジェリーとして人気を博していた。春夏物はブラジャー1万5000円前後、ショーツが1万円中心となる。カップサイズがB~Fまであり、アンダーも70~85までと幅広い。とくにブラジャーのカップ1枚レースのフィッティング評価が高い。LOU MAQUETTE ok.indd

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る