インポートランジェリー2018SS・ヌード感覚のブラジャー、ノンワイヤーのレースブラ

10月に開催された高級なインポートランジェリー展で透明感で肌を見せるインナーやワイヤーのないソフトなレースブラジャーが注目されている。欧米ではブラジャーを身につけない「ブラレス」と呼ばれるファッションが一部のセレブで流行しているが、それが、徐々におしゃれ意識の高い女性を中心に日本でも広がりつつある。

マジックオランダ4900円名古屋市本社でインポートランジェリーを販売する輸入代理店ラブ・タンゴは透ける1枚レースでカップを被うノンワイヤーのブラジャー(税別4900円)がランジェリーを好む若い女性に人気だ。ブランドは日本で展開して10年以上経つオランダのランジェリーブランド「マジックボディファッション」で、前シーズン頃から徐々に若い人がノンワーヤーで透けるレースものを好んで買うようになった。また、総レースのスカート(同2万円)も人気だ。内側にペチコートを合わせると肌の露出が抑えられセクシーに見える。
インナー26000円アルテックスの「メゾンクローズ」はパリでSNSを駆使した情報発信が若いランジェリー愛好者を増やしているが、日本でも、このセクシーなブランドを好む女性が増えている。とくに、好んで買っていくのがボディ(同2万6000円)やドレス(同3万2000円)でレースで体のラインを被う1枚レースタイプだが、その透明感が人気でコーディネイトアイテムとして人気だ。また、神戸市本社のマリーは個性の強いイタリアから輸入する「ツインセット」が売れている。このブランドもインスタ、ブログ、フェイスブック、ツイッターなどのSNS発信が顧客をしっかりと掴み拡散している。最近ではブラジャーでも他にない胸のトップの位置が透けて見えるタイプが人気で、ブランドの独自性が固定ファンを生み出している。他にもパリスインターナショナルでは新たに展開するフランスの「ルー」はフィッティングの評価も高いがレースがセクシーだと人気だ。インポートランジェリーの市場もSNS発信をベースに従来の機能商品から透明感、ヌード感覚、ノンワイヤーといった大人の女性が満喫できるランジェリーに人気が移行している。スクリーンショット 2017-10-15 15.29.40

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る