インタビュー美匠・専務取締役/浅川次郎氏・・・在庫を持ってリピート対応/もっと生産量を増やしたい

美匠浅川二郎2016.07.28浅川二郎氏

市場はフェミニンなブラセットが苦戦しているが、うちは逆に生産量を増やそうとしている。同業他社がブラセットの品番数を減らし在庫を持たない営業方針に出ているので、うちのように品番数を減らさず、しっかり在庫を持ちリピートに対応することができるメーカーが他になくなった。そのせいかブラセットが低迷する中でも、うちに対する追加注文は減っていない。
この春夏もブラセットは悪くなかった。良かったのはベーシックゾーンと呼んでいるモールドブラセット、チューブブラ、総レースインナー、ランジェリーなどだ。とくにカップと土台が一体となったモールドブラは最後まで追加生産で追い上げ10万セットを売り切った。一方でフェミニン系のブラセットも悪くない。売れ筋の品番も出ているし、一部の品番では欠品もあり全体に在庫回転もいい。来年にかけては、もう少し生産量を積み増していきたいと考えている。うちはまだまだノンワイヤー比率は高くないし、他所で売れているようなスポーツインナーもほとんどない。これまで、どうしても生産量を抑えがちになっていたが、もう一度見直し、必要なところにはもっと分厚く在庫を持ちフォローをしっかり対応すれば売上は後からついてくることが分かった。
単品ブランドの「ティアラ」(ブラジャー税別1900円・ショーツ1200円~1500円)は非常にいい。毎月1品番をシリーズ化している。1品番3色を基本にしているが1色当たり生産ロットが1万本を越えるようになってきた。特徴は販売が安定していることと、どのチャネルでも売れていることだ。今やっていることをブレることなく、これからもやり続けたい。2位美匠グレイスバタフライ426970(美匠のティアラ/画像提供はボディフォーカス)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る