靴下求評展/経済大臣賞にハラダ(株)作品が受賞・・・テーマは光と影

経済産業大臣賞ハラダ(株)経済産業大臣賞ハラダ(株)POP第23回目となる靴下求評展(日本靴下協会主催)の表彰式が11月11日行われた。この靴下求評展は靴下の企画、技術力向上を目的に行われているもので、今回で23回目となる。応募作品は全国の会員から72作品が寄せられ優秀作品が選ばれた。最優秀作品の経済産業大臣賞にはハラダ、経済産業省製造産業局賞にアツギと岡本、日本靴下工業組合連合会理事長賞に有限会社ハラダ、コーマ、鈴木靴下の3社、日本靴下協会賞にグンゼ2作品と福助、特別賞にアツギとレナウンインクスが選ばれた。他に靴下の日の告知ポスター作品の中から最優秀賞が工藤千鶴さん、優秀賞に久郷琉生さんと清松遙さんら文化服装学院の学生らが選ばれた。経済産業大臣賞に選ばれたハラダの作品はテーマが「光と影」で200N自動リンキングロナティの編み機を使い、繊細なラメ糸を使用し上品な輝きを表現した。フロントとバックはスパイラル編みで繊細な柄を表現している。受賞したハラダ商品企画部MDの西岡恵子さんは「このたび、求評展において経済産業大臣賞をいただけたことに感謝しております。毎日の着こなしの時に最後に着用するどうてもいいアイテムから、その日のスタイルを決めるアイテムになれるようなレッグアイテムを発信し続けたいと思います」と受賞の喜びを語っている。DSC03740

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る