ブラジャー2016年春夏の売れ行き ヘム仕様、ノンワイヤー、成型など

ジニエブラジニエブラ

ブラジャー2016春夏         ヘム仕様・モールド・成型・ノンワイヤー

ブラジャーの春夏商戦はノンワイヤー、ヘム仕様、モールド、成型ブラなどが売れている。それに比べ豪華なケミカルレースや大胆なモチーフを使ったブラジャーは売れていない。ブラジャーにもストレスフリータイプが売れ筋の中心になっている。
この春からテレビショッピングで大量に放映しているジニエブラは2011年のピーク時の販売量には届かないが、前年春夏に比べて再び増加傾向になってきた。伸縮性がよく、ノンワイヤーで負担が少なく着けて楽で苦しくないといった点が30代~60代の女性に人気だ。最近ではテレビ放映回数を増やしていることもあり、固定客のリピーターのみならず20代の若い女性や70代から80代の高齢者層まで購入年齢層が広がっている。前年度のジニエブラシリーズ売上高は約30億円。ピーク時の50億円には届かないものの、前年よりも増えることは間違いない。
また、トリンプのスロギーゼロフィール(2800円~3800円+税)のヘム仕様のブラジャーやショーツも売れている。売れ方の特徴は百貨店、量販店、専門店、ネット通販など販路を問わずオールチャネル売れていること。このブラジャーも響かない、体に吸い付くような装着感の快適性、楽な着心地などが売れるポイント。今シーズンにはブラジャーでSサイズも登場した。
また、響かないにプラスして透湿性を高めたグンゼのトゥシェフューチャー(モールドブラジャー2300円、ショーツ1000円+税)も4月に発売されたばかりだが、すぐに売れ出している。9層構造のパット部分に吸湿発汗性があり、夏場の衣服内に起こる不快感の原因となる蒸れを解消する機能が付加されている。
他にも専門店ではモールドブラが売れ筋でプレジャージーンでは4月に追加注文に間に合わず欠品を出している。さらに、成型ブラのスポーツインナーでアツギのクリアビューティアクティブ(ブラジャー1500円~1800円+税中心)が2011年発売開始以来5年間続けて前年を上回る勢いで売れている。この春夏もウオーキングやヨガなどのスポーツインナーでの着用を訴求しているが、実際にはルームウエア的な使い方も多く、従来のワイヤーブラの代替品として購入され着用シーンも広がっている。
今年の春夏ブラジャーのトレンドは楽できつくないノンワイヤーが中心で成型インナーからモールドブラ、そして切りっぱなしなどのヘム仕様で体への負担が少ないものが売れている。

GUNZE フューチャーブラグンゼ フューチャーブラ2300円、ショーツ1000円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る