アツギ直営1号店オープン/マルイ海老名3階に出店

アツギは10月4日に初めての直営店を海老名駅に隣接する商業施設マルイ海老名3階にオープンする。店舗は売場面積20・7坪で店名は「アツギマルイファミリー海老名店」。この地域は神奈川県北部地域で最大の人口増加地区で、各種公共施設からマンション建設まで開発物件が急増している。とくに、2015年には駅北側地域の再開発で三井不動産が運営する商業施設「ららぽーと海老名」が開業して以降、人口増に拍車がかかり、近隣住民にとっては交通渋滞が多発するなど地域生活への影響も懸念されるほどに開発が進んでいる。店舗の商品構成は下着が70%で靴下類が20%、残りが小物雑貨類10%となる。下着は人気で売れ筋商品となっているスポーツブランド「クリアービューティアクティブ」を中心に他ショーツ類などが揃う。

また、マルイ海老名には元々アツギのストッキングが販売されている売場があり、それとの違いを意識した店舗展開となった。工藤洋志社長は「ここは元々下着売場があったところ。いまの旬である健康や時短などを取り込んだ売場を作りだすパイロット店として展開していきたい」と話す。なお、同社では日本以外でもイタリアで百貨店内インショップ5店舗の展開や中国のショッピングセンター内に直営店を新規出店するなど国内外で直営店展開を開始した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る