エトワール海渡のエトワール841・発売から45周年を記念してギフトショーに出展

DSC02053エトワール海渡で長年愛されているインナー「エトワール841」が9月に開催されたギフトショーに出展した。これは、発売から45周年になることを機に、改めてロングセラー商品の価値を見直し再アピールする目的で出展したもの。これは、丸編み機で作る日本製の鹿の子編みインナー。縦、横、斜めの全方向に大きく伸びる綿混生地(綿90%、ナイロン5%、ポリウレタン5%)で、肌当たりの良さが長く使われ親から子へと世代を越えて継承されてきたインナー。
発売当時は、すぐに圧倒的な人気商品となり、最初につけた品番名「841」が新たに商品名をつける間もなく、そのまま広く消費者に知れ渡ってしまうほどの人気商品となった。現在でも肌の弱い人、妊婦、バリア機能の低下した高齢者や入院中の方などに愛用されている。製品はベーシックタイプのショーツが3サイズ8色展開。価格は税別800円~1000円。アイテムはショーツだけでなくトップスのインナー5分袖、8分袖、カップ付き8分袖に5分丈、スラックス下などのボトム類。他にカップ付きレースキャミソール、前開きブラジャー、それにマタニティインナーもある。DSC02051

 

 

DSC02054

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る