第84回ギフトショー開催・3日間で来場者総数20万436人・2週間の総来場者数33万3368人

秋の東京ギフトショーが9月6~8日の3日間東京ビッグサイトで開催された。今回はギフトショー第1週目(8月30日~9月2日)と第2週目(9月6日~8日)の2週間に分けて開催する形となる。前回開催よりもさらにスケールアップし過去最大の10万1100㎡の展示面積で2529社が出展し延べ30万人の来場者を目標に取り組んだ。同時開催では第22回グルメ&ダイニングスタイルショー秋2017と第56回東京インターナショナルプレミアム・インセンティブショー秋2017が並行して行われた。主催者のビジネスガイド社が公表した第84回ギフトショー(3日間)の総来場者数は20万436人。また、8月30日から2週間にわたり開催された同時開催を含めた総来場者数は33万3368人となった。

DSC02020DSC02025DSC02032
下着や靴下などの出展ブースは前回の西館1階ホールから移動し、今回は東展示棟7、8ホールでの開催となる。同会場では生活雑貨やアパレル製品が多く出品されているが、これまで以上に健康やスポーツシーンを意識した製品が目立つ。主な出展メーカーは助野、ナイガイ、エトワール海渡、レガルト、スタジオポアック、キングオリジナルなど。DSC02049DSC02055DSC02060

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る