ユニクロ、しまむらで無縫製ブラがヒット・・・2018年春夏は?

エアリズムウルトラシームレスブラ1ノンワイヤーブラ(24リラックス)ユニクロやしまむらで無縫製ブラが売れた。だが、両方とも今年春夏の期中からの販売で十分な数量が確保されていない中での見切り発車だけに売れてもすぐに欠品し機会ロスが出てしまったと反省もでている。しまむらでは「売れているが対応が遅かった」と話すなどシーズン立ち上がりから全店販売ができず、仕入れ数量が少なかっただけに店舗を限定して販売したが売れた。
ユニクロはしまむらに遅れること今年6月中旬から新発売した。その無縫製ブラの名称は「エアリズムウルトラシームレスブラ」で本体価格1990円+税。6月中旬販売し数量限定で一部店舗とオンラインストアのみの販売となったが8月上旬には、すでにオンラインストアでは売り切れ状態で欠品した。他の店舗でも展開した店が少なく、多くの消費者の目に触れることなく商品がなくなったというイメージが強い。このユニクロの無縫製ブラはカップ付きのシームレス仕様で縫い目がないため薄着でもブラのラインが目立たず、ストレスを感じることなく着用できるのが特徴。なお、ユニクロでは身生地がエアリズム素材でサラットした着心地が人気だと話している。ブラジャー売場2
両社とも次の2018年春夏での無縫製ブラの取り組み方針については明らかにしていないが、この春夏で好調に売れていることから、次年度での継続した取り組みが期待されている。
懸念材料はただひとつで類似商品の価格格差と供給過剰だ。今年のしまむら無縫製ブラ価格は約1300円前後でユニクロが本体価格1990円。市場ではワコール、トリンプが本体価格2800円からで、量販店では同1000円~1500円前後が中心。また、ディスカウントストアでは1000円を切って790円、890円、980円といった価格で売られており価格差が幅広い。
この無縫製ブラは完全無縫製型と一部縫製型の2タイプあるが製造する生産設備によっては量産することができ原価も安く簡単に中国から仕入れ売ることができる。それだけに、今年も下着専業メーカーのみならず、雑貨や日用品を中国から仕入れている輸入商社が低価格で大量供給しており価格や品質もバラバラ。こういった中で無縫製ブラの価格と品質格差がどのように消費に影響を与えるかが、これからのポイントとなっている。ユニクロ1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る