テレビショッピング研究所/ジニエの新しいミューズに道端ジェシカ/3月期ジニエシリーズ売上高55億円、227万枚

テレビショッピングで家庭用品からアパレルまで販売するテレビショッピング研究所(東京蒲田本社)は3月期で人気のインナー「ジニエ」シリーズの売上高が過去最高の55億円(前期比177%)、販売枚数が227万枚に達した。このジニエインナーは2011年に発売開始し、その翌年には50億円に達する大ヒット商品となっていた。だが、その後、販売が停滞し一時期はピーク時の半分程度まで落ちていたが新色提案、編み地の改良、フィット感の改善など様々な改善を繰り返しながら広告、PR、販売の3方向から再び成長軌道に乗せ、前期で過去最高の売上高に達した。この8月からはジニエシリーズで今年5月から6月にかけて新発売したレースタイプやパイル生地を使ったリラックスブラなどの新シリーズを新たに投入した。また、それにあわせて広告も一新し、8月からジニエの新しいミューズに人気モデルの道端ジェシカを採用した。ジニエ3
秋冬の戦略商品は5月発売のジニエレーシィブラと6月発売のジニエキャンディフロスブラ&ショーツ。いずれも、ジニエブラの下から履くブラ、ノンワイヤーで楽な着用感、それでいて適度なホールド感といったキーワードは残しつつ、大人の女性向けにセクシーでラグジュアリーなレーシータイプとふわふわのパイル生地を使ったリラックス感を訴求した新シリーズを新発売する。レーシィブラのレースは伸縮率が高く肌触りの良いのが特長で、編み目の柄ゆきに繊細さがあり、アウターのシャツやブラウスの胸元から見えても上品さがある。商品は2枚組2色ワンパックで2品番4色展開(ブラック+グリーンとネイビー+ピンク)となる。ワンパックの小売価格は4980円(税別)。ジニエキャンディフロスはブラジャーとショーツのセットで着用シーンはお家用を想定している。家でリラックスしたときに着用してもらうノンワイヤーブラでホールド機能もあり、寝るときもそのまま着用できる。素材は綿パイル生地を使っており肌触りがよい。商品はネイビーとピンクの2色ワンパッケージで小売価格が3980円(税込)。他に新しく穿き込みの深さにこだわり、ウエストを締めつけないジニエショーツも新発売する。同社は既存のジニエシリーズに新商品を加え、新たに広告塔となる道端ジェシカを前面に出して、次のピークを目指す。

ジニエ1ジニエ2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る